コメントありがとうございます。
0
    中学校のスクールカウンセラーは現在8中学校は予算措置がされていますが後
    2校はある大学の資格のある先生がボランティアで巡回をしてくださっているそうです。何とか現状では相談できてはいるようですが、今後の保障がありませんので、きちんと10校分の予算措置をするべきと思っています。

    心の相談員制度は一時期職安を通じて募集をするなど配置すれば事足りるとする考えがあって、一度いろいろ不満も聞き改善を申し入れたこともあります。現在は職安でただのパート雇用のような採用はなくなっていますが、ご指摘のような問題はまだ残っているようです。私は置くのであれば本来予算措置をして資格をきちんと持ったスクールカウンセラーにすべきと考えています。
    しかし、鈴鹿市の予算はわずか1学校30万円程度。パートの採用より条件が悪く、仕事とするにはあまりにも貧弱すぎて資格者は寄ってきません。
    ボランティアのおばさん程度に考えているのだと思います。
    研修もやっと行われるようになってきましたが、これまでは自主研修だけだったようですから、30万円の年間賃金で交通費や参加費などを支払って出かけるには、待遇がひどすぎます。
    相談は継続がいいと思いますが、そうでない場合は越境も可能であればいいのではと思います。
    個人のすべてをさらけ出すのですから、もっと待遇面で考慮し専門性を採用条件にすべきだと思っています。



    | 女性は太陽 | 市民の声 | 23:44 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    スクールカウンセラー。利用率はどの程度ですか?
    私が知っている限りでは、ほとんど利用していません。

    | キキ | 2006/10/18 10:02 PM |









    http://blog.ymorikawa.net/trackback/561219