幼稚園についてのご意見が届きました。
0
    幼稚園の開園基準については、私どもは常に
    保護者の願いとほぼ同じ意見を共有しています。
    私立の幼稚園に遠慮をして2年保育が拒否され続けることの弊害が
    時々現れます。これまでも一番ひどかったのは双子の兄弟が抽選でもれてしまい、入れなかったことや、幼稚園休園基準を15名に置いたこと、議会の
    反発をかって基準を緩めたこと。少人数で休園にするというのであれば2年保育にして人数の確保につとめるべきだが、それを変えようとしないこと、今後少子化が進むと市内の中心以外の幼稚園は存続にさえ影響が出てきます。それは田舎であるほど若い世代は住めないことと同じです。地域の活性化を求めるのであれば若い世代が住みつきやすいように子育ての基盤を
    しっかり作ることだと思います。
    私や石田議員は折に触れてその問題を取り上げ、場合によっては保護者のみなさんと一緒に市長さんへの訴えも協力もさせてもらいます。
    一緒に頑張りましょう!
    | 女性は太陽 | 市民の声 | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    早速のお返事、ありがとうございます。とても心強く感じました。ただ、誰かが、いつかは、しなくてはいけないのだと、自分に言い聞かせています。また、2年後に対象年齢となる長男がいますので、早急に解決できるとは考えていませんが、なんらかの形が残せたらとも思っています。ぜひ、今後の活動にご協力をお願い致します。
    | 梁 景子 | 2006/10/06 11:56 AM |









    http://blog.ymorikawa.net/trackback/555414