稲刈り
0
    今日は稲刈りの手伝いです。はしがり
    風や雨で稲が倒れて、機械で刈り取る作業も大変、途中根こそぎ抜けるかぶもあり機械も止まるし、
    修理屋さんに来てもらったり、何とか雨にあわずに、夕方6時30分時ごろには終わりました。
    畳を敷いたような状態に寝そべっている稲を起こしながら露払いをしてと
    本当に手間がかかりました。畳を敷いたように寝ているイネ
    こんな農家の苦労によって水稲農業は守られていることをまったく理解しない、政治の世界では、会社形式の農業や大規模な農家の農業にしか支援をしない方向を打ち出すなど、(担い手農家育成などときれいな言葉で飾る)
    小さな農家を切り捨てようとしている。
     農家のみなさんにとっても「農産物生産経費の下支え」をめざす日本共産党の政策は理解していただけるのではないでしょうか。倒れた稲
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ymorikawa.net/trackback/542756