ふるさとの思い出の引き出しから
0
    庭に花に紛れて咲いているニンブトウカー(念仏鉦と漢字は書くそうです)。こどものころ嫌というほどお浸しにして食べた。畑によく生える雑草。作物のじゃまにならないようにひいて捨てるけれど一部は食卓へ。
    こちらに来て庭に生えているのを見たときは嬉しかった。初めて食卓へ上げると夫はけげんそう。草だろうという。
    くさには違いないけれど食べられるよと私。
     それでも最近はあまり見かけなかったけれど今朝ふと玄関横の花壇の隙間に生えているのを見つけ早速料理に。
    手伝いに通っている団体事務所の女性たちに食してもらうと「おいしい」と。
     ふる里で色々野草を食した経験をこうして出会うことも嬉しい。ちなみに「スベリヒユ」と正式な名前だとか。
    ポーチェラカの近縁らしい。
    見つけたらぜひお試しください。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 20:27 | - | - | - | - |