入院日記亜\こΔ飽譴弔世韻量樵阿辰徳播┐任蓮
0
    痛みでなかなか寝付かれず、朝が待ち遠しかった。今日はyさんが本を3冊読んでみたらと貸してくださった。
     実を言うと私は入院中やりたいことだらけでそんなに時間があるわけではないけれど、お暇でしょう時間つぶしにどうぞと差し出されると断れず借りて読んだ。それはそれでまた面白い本だったので、これまで自分なら踏み込まないだろう本で、たまにはいいものだとおもいました。同室のNさん、今日退院。ステロイドの服用でほねがボロボロ状態なので外は歩かないように言われている事。室内では杖を、外は夫さんが車いすを押してくれるとか。そんなお身体でボランティアもされているってすごい!!
     食堂でお隣に座られた方のお名前が「おみわ」さん。名前の由来をお聞きして、、父親と祖父が提出時に間違えたとか。まあまあまあです。ご本人はとても嫌だったと仰る。私は世界で絶対に一つしかない名前だと思うとワクワクして素敵じゃないですかと申し上げると「そうかなあ、ありがとう」と。それからは食事の時にご持参の自分でつけられた梅干をどうぞとくださる。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 13:18 | - | - | - | - |