入院生活歩行器を使って自主リハビリを始める
0
    病棟廊下を歩行器で数周回歩く。まだ体重を歩行器に預けないと歩けない。それでも運動を始めたことが落ちた筋肉の状況を知らしめる。夜も1時間ご、2時間後など痛みで何度も目が覚める。さらに寝ている間に硬直するのか目覚めた時は歩けないほど痛い。しばらくほぐしたり、ベットの上で軽い運動をしてやっと立てる。
     歩行器で歩けるようになると痛みは和らぐ。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 22:14 | - | - | - | - |