平和のメッセージ展
0
    2019年8月18日日曜日
    9条の会鈴鹿主催のメッセージ展に出かけました。戦時中に大震災に遭われた体験談のお話を聴かせていただきました。配っていただいた資料を見て驚きです1944年昭和19年12月7日に発生した昭和東南海地震の報道が次の日12月8日の新聞には小さく扱われ、記事のほとんどは戦意高揚について書かれ震災の被害についてはわずかな記事だけです。ひがいの具体的な数字の報道もありません。救援を求める記事もありません。それどころか被災を戦意高揚のばにかえているのです。戦時になると知りたいことは何も教えてくれないことがとてもよくわかります。見出しを見るだけでも「突っ込め1億必死の体当たり」「天災に怯まず復旧」、「震災は、天の試練、隣人愛に明るく復旧、」「自宅倒壊もかかわらず生産死守、職場の挺身」被災者の窮状に触れる記事は一つもありません。今日のお話をお聞きして、国の戦意高揚の陰に隠され救援の手も届かず、震災の被害の中での暮らしは皆さんがどれだけ多くのご苦労をされたか、思いながら伺っているとだけでもとてもくるしかったです。震災直後に米軍の空襲も重なったというので言葉にできないご苦労があったことは想像するまでもないことです。
    戦争は絶対に始めてはいけない!
    一歩足を踏み込めば止めれないし、暮らしは後回しにされ、弱い人から簡単に命を失う。
    | 女性は太陽 | モブログ | 09:00 | - | - | - | - |