年末が控えているのに仕事が終わらない〜
0
    12月31日までニュース配布をしていたエンドレスの暮らしが、ニュース配りを減らした4年前から少し年末に家族の時間が取れていましたが、今年はまたエンドレスになりそう。
     足が上手く使えないことからいろいろ仕事がたまるようになった。
    子どもたちが帰ってくるのに部屋の整理ができていない。布団干しができていない。小さい子どもたちが来るので部屋の掃除は丁寧にしないといけないのでどうなることやら。この時間の無さは、ああ気持ちが滅入るなあ。
    集金も、ニュース配りも。きちんと年内に終えるだろうか。
     そんな時に少し自分を勇気づける相談。ここ数日かかり切り。
    なんと80歳を超えた一人暮らしの女性に霊感商法のような取引の残金請求。電話も通じないので行ったりきたり。
    何日も寝れなくてと困っていたこの女性が安心して年越しできるようにと、いろいろ入ってくる仕事の合間に行ったり来たり。明日も一っ走り行って資料の印鑑を再度いただいて、郵便物の投函をしてから、県の会議へ行くことになるが、うまくいくでしょうかね、時間が。
     彼女の不安が安らいで、全面的な信頼を寄せたお顔を見ると元気が出る。憂鬱と勇気と差し引きするとやっぱり元気が勝った。仕事をしている自分がやっぱり好きだな。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 22:29 | - | - | - | - |