三重県60周年記念のつどいに参加
0
    原水爆禁止三重県協議会の理事長西尾比呂也さんのあいさつ:三重県原水協は1958年、原爆の子の像が平和公園につくられた年。年末には東京タワーが完成という年度に誕生したと話された。あれから60年続けてこられた運動のすばらしさは、誰も実感できる「核兵器禁止条約の国連での議決されたこと」につながっている事。
    今日という日を、これまでのあゆみをかみしめ,あらたな未来のための行動を誓い合う日にしたいと思う、核兵器のない平和で公正な世界を築く役割を、自分の置かれた立場で精一杯はたしていきましょうと結ばれた。
     その後川田忠明さんから(原水爆禁止日本協議会全国担当常任理事)非核平和のアジアの展望と原水爆禁止運動と題して講演をいただいた。核兵器禁止運動の継続の力、被爆者のみなさんのご努力のもたらした功績、そして運動の経緯と社会情勢のなかでの位置づけなど系統だってわかりやすくそして希望につなげるお話を聞くことができてとてもラッキーです。
    その後被爆者団体のお二人から連帯のごあいさつをいただきました。
     川田さんのお話は世界で行われてきた平和を求める運動の流れも聞くことができた、平和を求める人々は何度か核戦争の危機を阻んだ事例を披露して運動のつながりと広がりの大切さを具体的に語ってくださったと私は思います。
    今後はぜひ強制連行によって日本に来て被曝された朝鮮半島の被爆者との連帯も必要と話された。ともに運動することで理解も深まるし、平和的な連帯を広げることでさらに非核かが進むように思いました。
    とても良い勉強でした。
     20代のころからかかわってきた反核平和運動、世界の中の一粒でも集まれば大きな力ですよね。さらに粘り強く頑張ります。
    帰りの人気のない駅にもうお一人降りられて「寒いですね」の会話から名刺を出してお話すると、「いつも共産党を応援しているわけではないけれどいつも黄色いニュースを読んで頑張ってくれていることを知っているので応援しています」今度は高橋さんの名刺を出して「市議会と県議会の連携でもっと強く要望を実現させたいので」と申し上げると「楽しみですね」といって別れました。

    | 女性は太陽 | 市民活動の話題 | 19:26 | - | - | - | - |