45年ほど前の仲間の死に関連して
0
    今日は、45年ほど前に私が科学的社会主義の理論を学び、貧困も戦争も政治の悪であり、政治が変われば
    みんなが幸せになう社会は出来るという確信を得た場、「関西勤労者教育協会」通称勤労協で初めて学んだクラスの
    仲間から電話。やっぱり、先日の喪中はがきの件だった。今月の16日月命日に兵庫まで行ってくるが、とのこと。
    日程を見ると福祉大会がありいけない旨伝えたら、自分がまず行ってくる。様子を見てみんなで訪ねてもいいかを聞いてくる。と言ってくれた。
     本当に年賀をいただいていたので元気だと思っていたのに年賀状が届いた直後に旅立ったことをお互い悔しがった。
    夫人に電話したらあなたから電話をもらったと言っていたよと。
     これからは一人一人お互いの健康を願い、こまめに連絡を取り合わないといけないと思った、何がなくてもはがき一枚の近況伺いくらいはしようと改めて自分に言い聞かせた。
     生き方の軸をともに学び、ぶれずに付き合いができる人生を生きている仲間がいることのありがたさ、そしてほとんど当時の中のよかった10人ほどがぶれずにつながっていたこともまた素晴らしいことだと思います。

    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:27 | - | - | - | - |