地震被害の被災地のみなさまへお見舞い申し上げます
0
    行方不明のみなさんが一日も早く救助されますよう心から祈りながらニュースを見ています。被災されたみなさまに心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。そして救助活動に従事される多くの関係者に心からお礼をもうしあげます。
    今年は本当に自然災害被害が後を絶たず、被災する地域が広範囲に広がり、異常な暑さとともに命と暮らしを追い詰めています。

     自然災害被害の報道を見るとつくづく思います。国民は一丸となって安倍総理の軍事大国化への道に「ノー」声を届け続けることが必要だと。
    国民の税金をイージスアショアにつぎ込むより、被災地への復興を優先すべきだと思いませんか。一基1000億円ほどという軍事施設より一人一人の住まいをなくしたみなさんへの復興支援、仕事を失ったみなさんへの。生活支援、商売道具や機会を失ったみなさんへの企業再建費用を補助することの方が国の未来には有効だと私は思いますがみなさんはどちらを選びますか?
     人間はどんなに頑張っても200年は生きられません。必ず命は終わります。そして自然災害の被害で失うことも多くあります。その限りある命をわざわざ奪う「戦争」という愚かな行為を好む立場が理解できません。
     どんなに立場が違えど他国の人の命を奪いに出かける、そのために自国民の命も巻き込んでしまうのが戦争。
    その戦争にまつわるものに多額の費用をつぎ込むという政治のありようを私は認められません。
     世界中がその愚かさから脱却できる道を指導者たちは探るべきです。特に平和憲法を持つ日本はその平和へのアプローチを率先して行うべきだと思っています。
    軍事設備より、災害復興支援でしょ!せっかく災害から助かったののにその支援が遅れて命をなくす事後被害は政治がしっかりするとなくせるのです。ものを壊し、人の命を奪うオスプレイなどの戦闘機を自粛すれば財源は出てきます。
     国民は被災に敏感で明日は我が身と思いみなさん募金を一所懸命します。その善意を政治はもっと生かすためにこそ税金を使うべきです。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 07:44 | - | - | - | - |