自然歩道がふさがれている
0
    今朝の相談者が届けてくださった写真。 東海自然歩道の道しるべが立っている方向を示した歩道にそって太陽光パネルが敷き詰められている。 そのことの是非を問うつもりはないが、そのために歩道の入り口がこのように(赤い丸のところ)ふさがれていていいのだろうか?との 疑問を出していただいた。  早速担当課に東海自然歩道の管理責任者はどこか、歩道に個人所有の土地があるのか、この状況は把握していたのか、などを伺うと歩道の案内表示は県の管轄であること、山林ということで地主が個人であることもあり、歩道に個人所有の土地が一部入ることはあるそうです。パネルが設置されるということまでは聞いていたがこの状況は知らなかった。とりあえず調査するとのことで調査待ちです。ついでに太陽光問題の窓口担当課にはこの業者さんとの話をしてほしい旨お願いした。  ついでに山林の中の標識であるにも関わらず、あまりにも剥げていて、道に迷った時などの案内が不案内になることも予測できる。何とか書き換えをと申し上げると、書き換えや塗り替えをさせてくれと管理を委託された市として何度も口酸っぱく進言しているが、予算をつけてくれいないどころか削ってくると、悔しそうに話していました。 三重県は伊勢志摩サミットの前後、交通標識など道路の歩道や停止線などの予算も削られて白線の無い横断歩道だれ家であったことを問題にしましたが、このように政策として自然とのかかわりを進めながら安全安心にかかわるところの予算も削っていたんですね 許せないですね。伊勢志摩サミットのとばっちりがこんなところにも出ていたんです。
    | 女性は太陽 | 生活相談活動から | 22:07 | - | - | - | - |