身元保証人を探してほしいと電話。
0
    ニュースの配布から戻ってすぐ電話があった。出るのが遅かったのでとるのと同時に切れてしまい。それではと汗を流すことにしようかと、準備をしようとすると再度電話が鳴る。 電話に出ると「私は○○地域に住む○○と言います。津の大手スーパ―○○にパートで働くことになりましたが、身元保証人になってくれる人がなかなか見つかりません。急いでいます。」との内容。普段私が出かけることの無い地域の方のようです。  私にどなたか紹介してほしいということでしょうかと尋ねると口ごもる。身元保証人になる人を探してくださいと言われましてもそれは難しいです。ご自分で探していただかないと。「ですから電話では失礼なので一度会っていたきたいんです。」どうも私に保証人を引き受けてくださいということのようでした。「あったにしてもきっと力にはなれませんので、ご自分で頑張って探すしかないと思いますよ」と申し上げるとわかりましたと電話を切りました。  議員1年生のころは借金の保証人にとか、市営住宅に入りたいので保証人にとか、お会いするのも初めてのみなさんが、「あなたにとうひょうしました」と尋ねることが多くて困ったものですが、身元保証人を頼まれたのは初めてです。
    | 女性は太陽 | 生活相談活動から | 19:15 | - | - | - | - |