給食問題の再検討結果を報告いただき
0
    市長の撤回発言にそって再度見直しをして、議員の意見も聞いて再度検討を行いたいとのことで、添付のような内容で案の説明をされた。内容は、「2日間中止は撤回」と報道されていたけれど実際には1日分を撤回、他の一日は防災備蓄でレトルト非常食カレーというお粗末な内容でした。 撤回した1日分の解決には公費投入の提案はなく、今後の食材の見直しや献立の見直しで補うという、たいへん安易な対応にがっかり。 「子どもは宝」「食教育はしっかり行いたい」という言動とは程遠い提案に党議員団として前日の提言に沿った対応を行いました。  あれほど大きな問題になった給食中止撤回が防災非常食しようという提案しか出せないことがとても悲しいし、恥ずかしいことです。物価の異常な高騰や野菜などの天候不良の問題は、不測の事態であることを考えると公費の投入が基本姿勢には必要ではないでしょうか? 特に育ち盛りの子どもたちの食の問題はものがないのではなくお金が不足しているというだけなのに、その公費の補助の方法を考えるのではなく、そのしわ寄せが子どもの食事の質の低下になるような解決策しかできないという情けなさ。ほんと泣きたいです。 「子どもは宝」にふさわしい再考をして公費の投入を決断してほしいです。
    | 女性は太陽 | 議会報告 | 20:59 | - | - | - | - |