辻井さんのしのぶ会。党大会議案
0
    11日
    Mさんから電話をいただく。今年逝去された辻井さんのしのぶ会を年金者の有志で行うが参加できそうかと。
    日程的に微妙だけれど、党や一般的なしのぶ会ならばぜひ参加したいのですが、年金者組合員ではない立場で参加はできないと思う。

    大会議案を読んで感じる事。
    入院中で時間もあるので党員と普段近く接しているみなさんとの会話をしてみて思うことがたくさん。歴史の重みと力がアンバランスな理由もなんとなく私流にわかった気がする。いさいさかお叱りを受けそうですが、偉そうにと!
    | 女性は太陽 | モブログ | 22:20 | - | - | - | - |
    党の誕生日
    0
       選挙で多くのみなさんに知ってほしいといつも願っていたことちょっと書いていました。
      日本共産党の誕生日なんです。誰もが無理だと思っていた時代に、主権在民国家、女性たちが主権者に並ぶ、労働から子どもが解放される。そんな権利や民主主義を発信する人々がいたことは、その知性の素晴らしさと、そのために頑張り通した不屈さに感動します。学んで知ったこの素晴らしさに感動する心を持って生まれ育った自分、そして伴りょとなる夫と同じ道を歩くことができていることと合わせて私は自分の好きなところです。この素晴らしい、理念が日本国民の中にそして世界中の人々に届いて欲しい。その時きっと世界平和が近づくと思います。
      続きを読む >>
      | 女性は太陽 | モブログ | 19:14 | - | - | - | - |
      小林節氏のブログ発信へのコメント
      0
        7月19日。小林節先生の共産党を応援動画についてのコメントを書きたかった内容です。
        自分で言うのもなんですが、共産党がリーダーシップを発揮できる力がそなわると政治が変わる、世界平和が近づくと思っている1党員です。
        続きを読む >>
        | 女性は太陽 | モブログ | 19:12 | - | - | - | - |
        入院
        0
          入院準備に集金をいつもより早めに進め4〜5日かかってそれでも2件残った。
          とりあえずできるだけ身軽になろうと選挙で使っていらなくなったものを処分するため色々片付けた。庭もゴーヤーなど思い切って処分した。冷蔵庫も夫が扱いにくいもんはできるだけ消化する献立を1週間かけて行った。入院当日、最後に卵と小麦粉の消化にサーターアンダギーを作って後日夫を通じて配ってもらった。
          | 女性は太陽 | モブログ | 19:07 | - | - | - | - |
          入院に日記2
          0

            9月26日
            手術日。朝焼けの明るさで目覚めしばらくすると綺麗な朝日をカーテン越しにみて術前準備が始まる。術服に服を着替え、患部の消毒が始まり、食事制限の前に栄養補給ドリンクを飲む。点滴をするが針が入らず3度目でやっと。そうんなことをしている間に8時30分前に夫がきた。部屋移動の関係があるのでいらないものはとりあえずもちかえってもらった。9時前に手術室前で別れた。気がついたときは病室に戻っていた。
            | 女性は太陽 | モブログ | 19:01 | - | - | - | - |
            入院に際して入院することに決まってから結構忙しく動いた。まず家の片付け入院
            0
              入院することに決まってから結構忙しく動いた。まず家の片付け、それと並行して美容院に行って髪の毛をカットしてもらったベビーショートと言われる大変短いカットにして自分でもおかしなった顔になったと思う。それから集金を少し早めに済ませて2件ほど残しましたけれどできるだけがんばって集金に行った。冷蔵庫の中で夫が使うのに困るであろう食材の処理に入院当日は朝5時に起きてサーターアンダギーを作った。小麦粉卵を消化するのにとても便利なお菓子です。いつもお庭のお手入れをしていただく〇〇さんと○○さんに後日夫を介して届けてました。
              | 女性は太陽 | モブログ | 13:53 | - | - | - | - |
              オスプレイより災害救助を
              0
                病院にて。
                 ニュースを見ていると大雨で道路が水没していたりとかなり心配な状況があって、人命被害が起きませんようにと願うばかりです。災害のたびに思うことは、軍事費を災害救援復興に使えば被災地域の皆さんの絶望感をどれだけ軽減できるだろう、国民が国政に求めて欲しいと心底思います。オスプレイ1機100億円を超える。
                自治体に100億円交付されたら、どんなに明日への希望が描けることでしょう。頻繁に起きる自然災害被害との向き合い方は、人間社会のあり方が今問われていると思います。
                | 女性は太陽 | モブログ | 09:50 | - | - | - | - |
                平和のメッセージ展
                0
                  2019年8月18日日曜日
                  9条の会鈴鹿主催のメッセージ展に出かけました。戦時中に大震災に遭われた体験談のお話を聴かせていただきました。配っていただいた資料を見て驚きです1944年昭和19年12月7日に発生した昭和東南海地震の報道が次の日12月8日の新聞には小さく扱われ、記事のほとんどは戦意高揚について書かれ震災の被害についてはわずかな記事だけです。ひがいの具体的な数字の報道もありません。救援を求める記事もありません。それどころか被災を戦意高揚のばにかえているのです。戦時になると知りたいことは何も教えてくれないことがとてもよくわかります。見出しを見るだけでも「突っ込め1億必死の体当たり」「天災に怯まず復旧」、「震災は、天の試練、隣人愛に明るく復旧、」「自宅倒壊もかかわらず生産死守、職場の挺身」被災者の窮状に触れる記事は一つもありません。今日のお話をお聞きして、国の戦意高揚の陰に隠され救援の手も届かず、震災の被害の中での暮らしは皆さんがどれだけ多くのご苦労をされたか、思いながら伺っているとだけでもとてもくるしかったです。震災直後に米軍の空襲も重なったというので言葉にできないご苦労があったことは想像するまでもないことです。
                  戦争は絶対に始めてはいけない!
                  一歩足を踏み込めば止めれないし、暮らしは後回しにされ、弱い人から簡単に命を失う。
                  | 女性は太陽 | モブログ | 09:00 | - | - | - | - |
                  怒り心頭
                  0
                    信じられない出来事があって、今日数人で謝りに来たけれど、当の本人はやっぱり謝れない。自分のやったことの重大さが理解できていない。みんなに言われて私は行動しただけだという。同行してきた先輩二人が彼女をかばって組織として行った行為だと言い切った。簡単な過ちのように思うところに、集団の過ちがあると私は思う。4月の出来事をうやむやにしたまま、彼女をかばっておだてた。反省を求めずかばったことでその後も自分を正当化し続け、結局謝罪はできなかった。今も少しも進歩がない。そこにはリスペクト、寄り添うそんな私たちが最近よく耳にする言葉とは無縁のかのじょがいる。そしてそれをかばう集団がある。今回も集団で話し合って実行させたと言いてはばからない。かのじょをかばいつづけ、謝れない彼女のために大人が二人も同行して、そんな集団に一層がっかりした。やっぱり許せない。暴露しそうになる自分を抑えるのが精一杯。共産党員を辞める覚悟ができたときはきっと私は爆発するでしょう。明日から留守にするので帰る頃にはきっとごめんなさいと形ばかりの謝罪をしたことで許されたと思って行動するでしょうね。ところがどっこい、今回もまた私は、まだ許せるところまで彼女の誠意を見ていない。
                    | 女性は太陽 | モブログ | 20:47 | - | - | - | - |
                    子どもは母親が育てるもの?この言葉にほんと泣かされましたよね。
                    0
                      昨日の朝ドラなつが来たの市役所シーンはやっぱり泣けましたね。
                      わたしの子育てよりずーと以前の社会ですからこんな生易しいものではなかったかもしれませんね。
                      親族は夫だけの核家族だった我が家は保育所が頼り、夫の実家へ出かけるといとこが何人もいて子どもも同い年が多い中で保育所に子どもをあづけているのは我が家だけ。口々に「かわいそうに」と聞こえるように子どもに声をかける。知らないふりをしながら耐えた。今はその時の老婦人たちも、働く孫たちにエールを送ってくれるようになっています。
                      働く婦人、主婦の分断のようななんだか踊らされているような社会の雰囲気もありましたね。保育所仲間のママ友とお互いで励まし、助けあって頑張ってきましたよね。懐かしい場面でした。
                      保育士さんには時給いくらですか?とドラマの中の市役所職員と同じ内容でそのお金と子供とどちらが大事ですかというようなことを言われる。私は「せんせいはなぜほいくしをされていますか?と生意気にたずねて、時給と子供を天秤にかけるようなことにお答えするには、生き方の問題もあるので預けに来た短時間でお話しできるものではなくきちんとじかんをとってほしいと」もうしあげましたら、それ以上の詮索はされませんでした。
                      でもその保育士さんは子供が好きな方でとてもその後はよくしていただきました
                      | 女性は太陽 | モブログ | 15:48 | - | - | - | - |