人には話せない悲しい出来事ってあるのですね。
0
    昨年以来悲しい出来事が多くてほとほと。。。
     今頃いろいろな話が聞こえてくる1年前の選挙活動。極めつけは
    私たちは「パワハラ夫婦」「くそ婆と、くそじじ」だったそうです。ははははと笑って居れる出来事ですが、
    最近の読者減の理由は悲しすぎて人に話せない。夫と二人「どんな意味だろう」と二つの事を話してみたが
    そのどちらでも私にとってとても悲しい理由になってしまう。夫と同士でよかった。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 21:35 | - | - | - | - |
    涙、涙、涙で忘れ物
    0
      突然のお別れ、どんな選挙でも支部のノルマを地元鈴鹿市議会はもちろん近隣市町議会、国政とあらゆる選挙で電話かけをしてくださった、きちんと対話の内容も記録して次につなげられる様にと一生懸命丁寧にかけてくださるとても素晴らしい仲間でした。家族葬のなかに割り込んでお別れをさせていただき、生前のお礼もかねてお花好きの彼女に供花を式場に頼んで、通夜の帰りにお支払いします。と。。。。ところが泣きながら車に戻った私は会館との約束はすっかり飛んで自宅へ。着替えをして今日の通夜式の話を夫にしていると、ふと忘れ物を思い出した。支払いをせずに帰ってきてしまったあと声をあげた。お電話をして事務所の方に待ってもらって支払いを済ませてきました。
       やれやれ。
      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 21:27 | - | - | - | - |
      お世話になった方のご逝去。
      0
        議員活動の中で知り合って、長い間同じ隊列に加わって下さり、選挙の電話かけというといつもきちんとこなしてくださる大切な仲間であり、知人でした。私より十才以上も上のお姉さんでした。立ち居振る舞い、言葉遣いなども大変丁寧な方で、お花が好きでお庭も手入れが行き届きお部屋もきちんと整理整頓され、お料理上手でといつもお手本にさせていただくお姉さま方のお一人でした。2月21日は10人くらいが茶話会を開いて、楽しいととてもお喜びになっていました。帰りはおうちまでお送りしましたがとてもお元気でまた来月ねと、次の集まりを楽しみに玄関を入って行かれた。その4日後、訃報の連絡を受けて唖然としました。連絡を受けて出かけていた会場からご自宅へ行ってみるとご自宅にはどなたも見えず、近くのセレモニー会場へ行っても案内は出ておらず。仕方ないのでとりあえず夜の部の計算会のお手伝いを済ませ9時過ぎから4か所の葬儀場を回って、電気のついていたところでで中まで入ってみると小さくお名前があったのでお尋ねして息子さんとお孫さんにお会いしました。
         家族で送ることは本人の意思でもあるのでご近所も断っていますので、茶話会仲間の参加も断られました。森川さんは母とのお付き合いを僕も知っていますので、あなただけははどうぞと最後のお別れをさせていただいた。
         
         
        | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 21:16 | - | - | - | - |
        なんでも作ってみる、、、変な性格の私。
        0
          世間はバレンタインとお菓子売り場にチョコが並んでいても、全く見向きもしない私。
          昨日夫にチョコは?と聞かれほしいの?別に!なら明日買ってきましょうか?いいよ別に。こんな皮を笑いながら交わして、今日それならばと、チョコマカロンとチョコクッキーに挑戦。自宅にある材料だけで挑戦は少しきつい。
          普段利用するスーパーは店じまいまじかでいろいろ品不足。結局板チョコだけ買い足した。
           マカロンがあまり膨らまない。多少失敗。思い起こせばいつも試作品の失敗作ばかり夫は食べさせられていたなあと。子どもが小さいときはあれもこれもいろいろ挑戦していたのでそのたびに試作品や失敗作を押し付けてきた。
          しばらくマカロンに挑戦。うまくできたものを口にしてもらおう。それまでごめんなさいです。それでもにやにやしながら文句も言わず食べてくれていた。ありがとうです。
          | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 17:54 | - | - | - | - |
          珍しく夫がチョコは?と
          0
            私は夫にバレンタインチョコをほんとプレゼントした記憶がありません。
             理由は商業主義になぜ?の思いがあるのと、いつも仕事関係でたくさんいただいてきましたので、二人でいただくには過ぎる。あると私もつい手が伸びて食べ過ぎるので自宅にチョコを置かないようにしている事等。一番はなぜ外国の風習を見習うのかというひねくれた気持ちもあるようです。仕事仲間にもあまり届けたことは無かったです。
             先日リハビリの先生にと買い置きしていたものを夫は自分へのチョコだと思い込んでいたらしく、昨日あれ!となくなっていることに気づき尋ねてきました。え〜〜ほしかった???別にいいけど・・・・のやりとり。
             明日買ってきますと私。別にいいよと夫。
            仕方がない、今日スーパーが開いたらチョコを買って私流のバレンタインチョコをつくってみようかな。
            | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 09:11 | - | - | - | - |
            ブロッコリー好き?
            0
              孫の写真が贈られてきて「あらまあ〜」です。
              なんと手にはブロッコリーの株を持っているではありませんか。
              聞いてみるとブロッコリー生を食べてみたが、美味しくなくて口から出して
              親に渡しに来たところだそうです。
              | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 00:02 | - | - | - | - |
              天気が良くて庭が華やいで
              0
                今日は比較的いいお天気でしたので、いつも花が満開の姿が見られないけれど今日はとてもきれいに
                咲いていて外から戻るとなんとなく明るく感じてうきうきします。

                | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 23:56 | - | - | - | - |
                リハビリとお見舞い。
                0
                  先日夫が仕事先で、知人が私の通う病院に入院していると聞いてきたので、
                  リハビリの帰りに尋ねてみました。
                   夫が以前の仕事でお世話になった方なので私も時々お会いしていた方です。偶然にも娘さんが鈴鹿にお住まいで
                  知り合いだったこともあって、時折どうされているかと気にしていたかたです。すでに80歳という事でした。なんと36〜7年ぶりにお会いしました。お訪ねして名前を告げるとすぐに思い出してくださって「森川君元気にしていますか」と夫の事を尋ねられた。
                   骨折なのでコルセットの関係で食事がなかなかのどを通らないと仰っていました。ずいぶん細くなった気がしましたが、知り合ったころと変わらずお元気で活動的な雰囲気を失っていませんでした。ほんと懐かしい。
                  リハビリを済ませて会計を済ませる間にもお二人の知り合いにも会いました。地元の病院なのでよくいろいろ出会います。
                  午後は所用でジェフリーに出かけましたら、お雛様が飾られていました。
                  | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 23:37 | - | - | - | - |
                  頂きました。フォックスフェイス。
                  0
                    いつもレモンや柚子を分けてくださる方が今年はこんなナスを届けてくださいましたので玄関に飾りました。
                    ネットで調べてみるとナス科という事がわかりました。
                    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 21:23 | - | - | - | - |
                    建国記念の日を勉強してきました。
                    0
                      数年前に建国記念日と建国記念の日の違いを学んで以来、歴史の認識と政治的意図で作られる記念日について関心を持ち、この日に行われる学習会は出来るだけ参加するようになりました。「の」が入るだけでずいぶんと意味が違う。みなさんご存知でしたか?
                       今日はなんと長男と同じ年にお生まれになった若い先生。息子たちの世代に教えられる年になったんですね。
                      昭和天皇の亡くなられた時の自粛ムードを子どもの目線で見ていた事、その時の子どもたちの感じ方を素直にお話されていて、実際あの時の事を思い出させてくださった。新しい視線での象徴としての天皇を、メディアの報道から読み解く力を教えられた気がしました。若い世代の右傾化ではなく新しい時代を切り開く力としての子どもたちの力を信じてみたいと思いました。
                       兵隊にしかなれなかった若者世代ではなく、日本国憲法のもとで自分の進みたい道を選べる自由を保障されて育てられた世代が明治憲法下に逆戻りしようとする安倍内閣の目論見を許してしまうのか、私たち親世代を引っ張って止める力として働くのか、問われていく世代だと感じました。ぜひ若者を喚起させ、親世代を引っ張って憲法を護り通す力になってほしいものです。

                      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 21:20 | - | - | - | - |