歓迎会
0
    夏に党に入られた方の歓迎会を開いた。ず〜と以前に決めてあったので、突然の選挙でどうしようか迷いましたが、途中で頑張ろうの決意を固めてもらうのもいいだろうと、延期せず開いた。今日は私が昼近くまで地域の「慰霊祭」出席のため支部のみなさんで準備にかかってくれていた。自宅へ戻るとみんなで料理を作りあって、その傍らで古参さんは電話かけ、もう一人もお友達を誘って事務所で電話かけをしてくれたそうです。  いつにな体調を崩された方が多く6人も欠席は残念でしたが、いい会議と歓迎会になったなあです。 支部長さんから先日の支部長会での伝達を行い、宣伝カーの運航日の炊き出しなど、支部のみなさんでできることを見つけて主体的に動いてほしい。次の日程などを決めて歓迎会に移行。  自宅でとれたサツマイモで美味しいきんとん。手作りのケーキを家族が持たせてくださったパパ党員。 歓迎かながら、支持拡大の話や、今度の選挙でアナウンスや街頭宣伝や電話かけデビューの感想なども出てきてさすが共産党員。選挙モードは持続していました。年配のみなさまの安否も確認できて、家族にはもっときちんというとか、グランドゴルフの仲間に声をかけるとか、まあまあみなさんやる気が伝わります。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 20:20 | - | - | - | - |
    誕生日はあわただしく過ぎて
    0
      昨日は誕生日。 夫がせっかく花を買ってきてくれていましたが、まず向き合ってお礼を言う時間もなかった。 遅くに玄関に活けた。
      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 20:01 | - | - | - | - |
      「武力衝突」は単なる喧嘩ではないことを想像してほしい。
      0
        私はこの頃よく使われる「武力衝突」という言葉に違和感持っています。  普通の喧嘩のような印象を与えることが、人々の感覚をマヒさせているのではないかと。 国と国との間で起こる武力衝突って、簡単にいうと「戦争」しかないのですから。武力衝突と言えばいかにも武器を持つもの同士の喧嘩のように意識を和らげてしまいますが、「戦争」と言えば誰しも犠牲になるのは民間人が多いことを想像できる。そして一度起こすと誰にも止められない。完全に決着がつくまで誰の手でも止められない。 北朝鮮が怖いからと軍隊で対応するということは「戦争になる」ということ。それだけはどうしても避けようと思えばやっぱりとことん話し合いで行くしかない。平和外交を何より求めてやまない日本共産党の政策に近づいてほしい。武力衝突は「戦争」という簡単なことを真剣に想像してほしい。
        | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 20:54 | - | - | - | - |
        550枚限界
        0
          2年ほど前では一日500枚なんて日はざらでした。なんせ毎月で3000枚を超えて配っていましたから。それが今は500枚前後で足がおかしくなって終わりころには出会う方が一人残らず「足どうされたん?」と尋ねる。ある男性は「無茶ひどい状態やな」と心配される。ほんと自分でも情けない。手術をしたくないし、先生もまだ笑顔が出る間はいいとおっしゃるので頑張っているけれど、少し無理をすると足は正直に警告を発する。私の足があまりいうことを聞かなくなったので分量を半分に減らし配布する範囲を大きく狭め、普段は一日200枚から300枚と決めているのですが、議会月や今回のように選挙になると、期間が限られるのでどうしても一日の分量が増える。 情けない足だ。どうも使いすぎのようですが。自分は丈夫と思い込んでいたので本当に現状は悲しい。
          | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 22:53 | - | - | - | - |
          95年間ぶれずに頑張っています。
          0
            雨の予想だったので朝起きて晴れていたのは嬉しくて、炊飯器にスイッチを入れて、チラシ配りに出掛けた 朝は散歩の方も多く出会った。向かいから見えた方に声をかけようと思っていたが、先方の方が早かった。昨日家へチラシ入れてくれたんやな、どれを見ても候補者の名前がなかったけれど、誰書けばいい?というので少し説明をする。 3ラウンド目、出かけた家の庭で二人の男性が庭木を剪定している。ご年配の方に教えを乞うているようなので、庭師さんが来てお手伝いをされているのかと声をかけると親子だと。お父さんの方は定年後通信で庭師の勉強をされたそうです。恐る恐るチラシを見せてお願いしますと申し上げると、ぶれないのはおたくだけやな。とおっしゃるのですかさず「はい95年ぶれずに頑張っています。値打ちもんですよね。お願いします。選挙区は候補者を降ろして無所属の方を応援しています」と言うと「わかった」と。家の中からお二人のお連れ合いさんもでてきて、ねぎらいの言葉と励ましをいただいた。
            | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 22:36 | - | - | - | - |
            夜の電話かけ
            0
              夕方ビラ配りから戻ると、動けないので少し休憩を入れ夕飯の準備を整えて 夫が仕事を終えるまで時間を気にしながら電話かけ。8時を過ぎるとさすがに顔見知りでないところはかけにくいので、お顔がはっきりしていて、あまり迷惑がられないだろうなと思えるところへ電話をした。みなさん快くいい返事をくださるのは嬉しい。  訳が分からない、情けないの後に頑張ってねと励まされる事、数回。
              | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 21:12 | - | - | - | - |
              旬の蓄えをいただく。
              0
                先日から、㋃5月に瓶詰したタケノコを取り出して使っている。煮物はもちろん庭の鈴なりのピーマンと合わせて チンジャオロースーにしたり、タケノコの柔らかい先の方は、これも冷凍しておいた木の芽と酢味噌和えにしたり。まあまあいける味だと夫は言ってくれる。  今夜はこれも冷凍したマッシュポテトを使ってポテトサラダ。なかなか美味しいですよ。 農家出身の夫のおかげで、両親が健在なこともあって旬の野菜をふんだんにいただくので、おすそ分けした残りを保存して、次の旬まで使うようにしています。おかげで我が家は冷凍庫が2基おいてある。
                | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 21:08 | - | - | - | - |
                今日は号外まきを中心に
                0
                  早朝配達後そのまま号外とニュースのセットを配布し、7時ごろ戻って朝食や洗濯など家事全般をこなして2ラウンド目100枚。午前中で200枚。 昼食休憩をして3ラウンドめやっぱり200枚ほど。途中で少し用事を済ませることもはさんで。5時30分ごろ帰宅。3ラウンド頑張って400枚しか配布できない自分の足の故障がもどかしい。階段の上り下りも手すりにしっかりつかまって1段1段両足をそろえてからしか上り下りできない。少し角度が変わると痛みが走る。 こんなに仕事がはかどらないと1300枚のニュースと号外を今週中にせめて配りたかったけれどかなり厳しいかな。明日は雨だそうで、少し足を休めたらまた3ラウンドぐらいできるかも。土曜日に晴れてくれないと困るなあ。 そうそう、ちょっと徹底しないといけないと思ったこと。ニュース配布の途中で出会った方2人が、今度は誰の名前書けばいいんやと聞かれるのでえ?党名を書いてくれればいいのですが、名前はあかんのかな。そうなんです。参議院は比例でも名前でよかったのですが、衆議院は比例のところに名前を書くと無効になるんです。と申し上げると 聞いてよかったなあとお二人の方。○○にも言わなあかんなと広げてくれそうでした。うれしいお話と、ちょっと意識して電話をしないといけないですね。電話かけに比例の個人名が入る言い回しは使ってはいけませんね。
                  | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:34 | - | - | - | - |
                  携帯をなくしたと思って真っ青になって
                  0
                    委員会終了後、号外やニュースを配り終えて帰ろうとしたらカバンに携帯がないのに気が付いて真っ青になった。 かたしかに家を出るときカバンに入れたような気がしたので慌てて、さっき回ったところを車でもう一度戻って路地などは広いところにいったん停車しながら歩いて探したがない。どうしよう、大変だ、と泣きそうになりながらとにかく家に戻って確認しようと急いで戻り部屋に入って、力が抜けた。配布用のカバンに入れるために出したが、途中で電話を使って戻し忘れたようでテーブルにそのまま座っていた。冷汗をかいたことが嘘のように力が抜けてホットした。
                    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 19:38 | - | - | - | - |
                    公示日は夕飯もそこそこに寝てしまった
                    0
                      夕方からアナウンスのつもりで乗ったら運行の道案内。視力が弱いので夜の運転は道案内はそれだけでつかれるが、政党か―の車のライトはまず暗いので先の道もなかなか見通しがつかないし、普段自分が行動しない地域なので道があることもうろ覚えでしかないので疲れ方は半端でなかった。運転手が少し知っているところだったのでよかった。でも疲れたでしょうね。案内人が不出来だったので。私は帰ると、へとへとになって、夕飯ももちろん準備もできず夫は、自分で勝手に食べたようだ。何をどうしていたかさえ覚えていない。こんなこと珍しい。 今朝はそれでも6時には起きれたので委員会も無事済ませた。やれやれ。  委員会が終わって200枚ほどの号外とニュースを配布して歩いたが、今日はとてもよく人に出会って 声をかけられてよかった。 あるところでは建設労働者の若い二人に、ぜひ選挙行ってね。8時間働いたら普通の暮らしができるってどう思う?時間給1500円ってよくない?今はだいたいアルバイトなどだと800〜900円でしょう。それではちゃんと結婚もできない人がいてもおかしくないよね。あまりピンと来ないようなのでそれ以上にもらっている?と言いながら号外を見せて、大金持ちってどれだけ大金持ちか知ってる?わずか40人で4千億円の資産を持っているんだって!そんなところに税金けをもっとかけていいと思わない?そのお金をここにかいってあるように子育てに使うとか!と言うと一人の青年が「お前のことやな」というので、結婚してるの?というと「6影の子がいる」とそお、おばさんたち子どもの医療費無料とか頑張ったよというと「そうなんや」窓口でも今無料でしょ、去年までは有料だったのよ、今中学卒業までにしてと言っているの。と話しているとこのチラシ読んでみるわもらっていいの?と言うので是非読んでね。そして選挙は必ず行ってね。と別れた。その数軒先で車がかえってきたところで若者が降りてきたのでチラシを渡し声をかけると俺そのうちの子ではないんで。そのお家にも、もう一度チラシを入れて選挙必ず行ってね、と言うと大学で明日から投票ができるようになったのでと行ってくれそうです。ぜひチラシを読んで考えて応援してくれるといいなあ。
                      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 19:18 | - | - | - | - |