会議の後で、お話をしていて悲しませてしまいました。
0
    森川さんが指導をしているんでしょう?という問いかけを受けて返事に窮した。
    後で少しお話をしてみると、いくつかの事で森川さんはちゃんと指導しているのかなあとの声を伝えられた。
     仕方がないので実はねと少し実情をお話すると泣かれてしまいました。私の落選が決まった翌日、県庁で渡したかったと泣きながら花束を抱えてこられた女性だったので、その分も涙になったのかもしれません。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 19:05 | - | - | - | - |
    るるるる_と夫からの電話、今日は月がきれいと。
    0
      昨日12月12日(木)
       夕方 夫から電話。今日月がとってもきれいだよ。
      たったそれだけの電話。
      日頃、朝陽や月や夕焼け朝焼け、雲の素敵さなど空に繰り広げられる天体ショーに敏感に
      反応する私なので、昔から子どもたちも「お母さん、お母さん」と駆け込んできたり、
      県外に住んでいても、夕焼けがきれい、月や星がきれいなど鈴鹿でも見られるかなあと電話をくれていた。
       最近は夫が出かけで見つけると、このように電話かメールをくれる。
      しかし昨日は位置が低かったようで我が家からは見られず、少し先の田んぼまでは出かけたけれどもっと先の鉄道高架で見られずでした。残念。
      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:58 | - | - | - | - |
      まあどうしましょう!いただいていいのでしょうか?
      0
        鈴鹿市に住むようになってはじめて母親大会へ参加したことがきっかけで、毎年全国大会へ私を送ってくださるために、電車代金を含めて一式をカンパし続けて10年ほど。親戚のいないわが息子たちに、毎年お年玉を届け続けてくださったHK先生。いくら感謝しても感謝が足りないご夫婦です。最近ご高齢で病気もかかえておいでです。私は仕事をやめてフリーになったこともあり、さらに足の傷みも解決したこともあって、先日お惣菜と青森のリンゴを2〜3個届けてきました。私が何かをして差し上げるとあまりにも気になさるので、ぜひお二人の老後の暮らしに役立つことならば何事でもお手伝いさせてください。と下手なはがきを添えてお届けした。
         数日後の今日お電話をいただいて、ちょっとお米の精米に乗せて行ってくださらない?と。私に何かを頼んでくださったと喜んで飛んで行った。
        するとどうでしょうお米の缶が2個用意して、一つは9月28日森川様とメモがはさまれていた。
        この2缶の精米に行ってほしいと仰る。あらあ・・・私にお米を下さりたかったのだと悟った。2つとも車に積んでいると、一つはあなたにあげたくて9月に電話をしたら留守だという事だったので、今日になりました。と。やっぱりです。先生、うちは玄米食なので精米はいらないのですよと申し上げると、じゃご自分も今は間に合っているし、娘が来たら頼むので、今日は行ってくださらなくてもいいわよと、ご自分の分を車から降ろし始めた。行きますよと申し上げるけれど、そんなに急がないし、あなたのがいらないならばわざわざ出かける必要はないのよとkご辞退されるので、また先生の分を納屋に運んで差し上げた。こんなにもらうのは悪いので遠慮しますと申し上げても是非にと譲りません。子どもが小さいころも良く分けていただいた事を改めて思い出しました。いつまでたっても私が先生にして差し上げられることは無くて、いつも気にかけていただくばかりなのは変わらないのです。本当にこんなにいただいてばかりでいいのでしょうか?何もお礼することも機会もないままですが、時々はお顔を見てお元気なのを確認するために出掛けるようにしています。
         お電話をして予約を取ると必ず何かを用意されるので、突然出かけて玄関先で遠慮するようにしています。
        | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:45 | - | - | - | - |
        お付き合いありがとうございました。入院中の出来事でした。
        0
          入院中は折り鶴を折り紙で連鶴にしてみると結構好評で
          Hさんはいくつも折っていました。Nさんも入院中に何か一つ会得するとおっしゃって最後まで仕上げていました。
          最高折り紙で16羽の連鶴になります。8羽と16羽です。
          | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 22:44 | - | - | - | - |
          退院してもいいですよと。。。
          0
            11月15日金
            やっとめどがついた。退院の許可が出ましたので都合のいい日を相談して連絡くださいと伝えられた。
             夫の都合もあるので22日に決めた。
            退院してもいいですよとOKが出た日に足が痛みだして、自主リハビリができず、一日中女子会に混ぜてもらっておしゃべりに花を咲かした。 
            真っ直ぐ歩く練習をしようとすると初めはふらふら手摺りがないと危ない。少し慣れてきたのでさらに手摺りがある廊下で練習していたら変に筋肉痛です。結構まっすぐ歩くって難しいことなんですね。

            11月17日
            先日夫は父親を病院へ連れて行った帰りに頂いた野菜と、いつもお米をいただく方に分けてもらった野菜が、虫食いもあって自分ではどうにもならないので、数時間だけ外出して処理をしてほしいという。仕方がないのでリハビリが終わった後に少し外出許可をいただいて野菜の保存処理をした。ついでに病室の方に頂いた署名を関係者に送る用意をして夫に託した。

            11月19日
            昨日退院まじかだからと病院の階段を1−5階まで往復、朝と就寝前に行ったことも影響して、今日は体がだるい。自主リハビリもどこまでいいのかそれも模索中。歩けば歩けるのでついきが付いたら5F だったのが本当ですが。
            無理のようなことを繰り返して足が痛みを覚え、ゆるくしたりしながらしばらく続けると和らいだり、限度を知るためには限度を超える経験もありかと時折、やりすぎることがある。
            先日退院されたYさんから電話で退院前にもう一度会いたいので先日のIさんと明日出かけます。と連絡いただく。

            退院後のリハビリについて主治医に伺うと私の場合は最低でも5か月は続けて通院したほうがいいと思う旨お返事をいただく。夫と相談して半年は通うことにした。

            20日
            Yさん、Iさんが見えるのでリハビリ午前中にお願いし、シャワーも早めに済ませてお待ちした。
            今日は新しい折り紙をまた教えて頂いた。テーブルナプキンを蓮の花のように追ってテーブルを飾る。とても楽しい数時間でした。


            21日

            今日で終わりなので、みなさんに昨日の折り紙を教えていた。折り紙に夢中でリハビリの約束を忘れ、午後に回してもらった。先日教えて頂いた折り紙で作ったプチプレゼント箱に手作り栞をつけてみなさんにお渡しして入院生活を支えていただいたお礼を申し上げた。



            | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 19:02 | - | - | - | - |
            しばらく組織から遠のきたい。
            0
              9条の会や、原水協など目的がはっきりした会はそのために頑張ることができるので、楽しい活動ですが、それ以外に生きがいなどという事が付いて回る会は私には向かいないことを強く意識した。
               身辺整理をしたらすっきりとして、自分が何だか別人になった気がする。とてもさわやかな日々を送る。何より手帳が真っ白。病院や9条の会、69行動以外は予定が入らない。後は自分の好きなことで埋めていける。
              世間のみなさんはこういう生活をしているのかと改めて嬉しくなった。時間を持て余すなどとても考えられない。病院にいる間さえも時間が足りないほどでしたから。
               これからは新しいつながりや友人知人とお茶会などをして楽しみたいです。待っていてくださるみなさんに招待できるよう早く部屋をきちんと片付けたいです。
              | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:19 | - | - | - | - |
              辻井さんのしのぶ会。党大会議案
              0
                11日
                Mさんから電話をいただく。今年逝去された辻井さんのしのぶ会を年金者の有志で行うが参加できそうかと。
                日程的に微妙だけれど、党や一般的なしのぶ会ならばぜひ参加したいのですが、年金者組合員ではない立場で参加はできないと思う。

                大会議案を読んで感じる事。
                入院中で時間もあるので党員と普段近く接しているみなさんとの会話をしてみて思うことがたくさん。歴史の重みと力がアンバランスな理由もなんとなく私流にわかった気がする。いさいさかお叱りを受けそうですが、偉そうにと!
                | 女性は太陽 | モブログ | 22:20 | - | - | - | - |
                入院生活23.
                0
                  11月5日
                  同室の方の娘の伴侶は和歌山のどこかで党の議員をしていると聞いた。お孫さんがけがをしたらしい。たいしたことは無いようでよかった。
                  先日Yさんのお見舞いに来られた方が私に会えなかったけれどと、みかん預けていただいていた。その方から素敵な見舞い絵手紙が届く。うれしかったです。
                  7日
                  杖なし歩行でもオーケを貰う。階段の昇降を自主リハビリに取り入れたためか、また痛みが出てきた。

                  8日
                  明日Yさんが退院との事で先日のはがきの送り主が再度来てくださった。長い間おしゃべりをして折り紙でミニプレゼント箱を教えて頂いた。

                  10日
                   Yさん退院。代わりに地元神戸のNさんが同室に。とても明るくそして前向きな80代。食堂の花のような方。
                  先生、先生とおっしゃるのでちょっと困ってしまったが、できるだけ名前で呼んでほしいと思いました。
                  いろいろなお話を部屋のみなさんとしますがそのたびに感心されるのでなんだか恥ずかしい思いをする

                  28回大会議案拾い読みする。
                  先日報告と決議などで大方の内容は把握。特に中国の見方が変わったのは私は納得。最近の香港の出来事などは天安門事件を思い出させる。
                  あのころ、そのおかげで党は直前まで優勢だった選挙情勢が極端に後退してで選挙で負けてしまったと思っている。
                  いつまで他国の影響を受けるのかと悔しかったことを思い出す。
                  | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 22:19 | - | - | - | - |
                  入院生活22.11月が始まる
                  0
                    今日から11月。朝5時起床自主リハビリを。
                    朝は結構早く起きてラジオ体操を一人で行い朝の自主リハビリをこなし、少し電気がつく頃になると洗面をする。水の音などは寝ている方を起こすことになるので室内に電気がともるまで控えてリハビリをする。
                    先日有森裕子さんに私が煮て居ると仰っていた先日まで隣部屋の個室の方と現在同室の知人が小学校時代の知り合いだったと知る。
                    お互い80代ですから60〜70年ぶり・それも同学年ではないのに覚えられていた。私の知人は全く覚えていないのだけれど先方さんが、もしかしてと旧姓で声をかけてきたのには本当に驚いた。同学年でもなく1学年先輩だった方だという。その記憶力に本当に感心しておられた。病院はいろいろな出会いのあるところだとつくづく思います。
                    私も入院して新婦人の会員さん2人、9条の会のYさん、そして地元神戸のNさんと顔見知りに4人も患者仲間になったのですもの。
                    今日は久しぶりに憲法の学習をする。13条の幸福追求などを中心にお話をする。結構幅の広い考えがこの項ではあることを知る。この権利、幸福についてという話で語ると本来憲法の保障する幸福追求権がわかりにくくなる事を知る。国民が憲法から遠いのはそのためかもしれないなとなんとなく考えさせられた。


                    11月2日
                    今日も珍しく時間が取れたので二人でカーテンを閉めて廊下の談話スペースで憲法学習を始めたら、大変!!良く知った方が彼女のお見舞いに来られた。私に何の反応もしなかったのでとっさに横を向いた。知らないのだと思っていたが後で聞くと私だとわかっていたようだ。そうなんだ、でも声をかけてくださらないから知らないのだとばかり思っていた。困った方にあってしまった。。。きっと広がるなあ。

                    11月3日
                     3男家族が娘の七五三の記念写真を撮ったと見せに来た。子どもたちには教えてはいなかったのだけれど一番近い彼には入院時の保証人を一入院するとは言わずにお願いしていたのでなんとなく留守は病院と思ったようです。
                    出生700gの孫娘がもうすっかりお姉さんの姿で宝塚ファンらしい、見事なポーズで素敵なドレスや着物を着こなしているのでびっくり。7歳ってすごいなあ。
                     今日は11月3日。世間ではきっと憲法集会などがあるでしょうにと、いつもならどこかの講演を聞いている日だなあと思いながら一日が始まりました。
                    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 21:25 | - | - | - | - |
                    入院日記21・10月24日 術後4週目
                    0
                      10月23日
                      夕方孫からライン電話。先日のことがあるのですぐに出ず、服を着替えて廊下を見定めてこちらから電話をする。
                      こんばんわと言うとこんばんわと答える。もしもし○○ちゃんですかというと言葉でなくうなずく、そして自分は
                      もしもしおばあちゃんという。それだけのことだけれどれどそれが言ってみたいらしい。6ヶ月の弟にも電話を聞かせるといって寝ている弟を起こそうとする。寝ているから駄目だというと泣き出す。こちらは気が気でないので早く終わりたくてバイバイ、お休みというとやっと泣き止んでバイバイをして切った。退院までまたあると大変だなあ、、
                      10月24日
                      今日は足が痛くてリハビリも少し控えてくださった。自主リハビリはほとんどできないほど痛くて歩けない。
                      先生がおっしゃるには私の筋力の無さから行くといろいろな動きがあるたびに新し処の筋肉を使うことになるので当分はそのような痛みが続く。生活に変えるとまた違う痛みがあると思うと仰る。ひとつ秘湯の傷みになれるようトレーニングが必要という事ですね。
                      一度一時帰宅をしてみたらと進められる。そうすることで自宅での生活に不便を感じるところはどうかなどが
                      判明し、それを中心にリハビリの組立て直しができると仰る。それもありなんと夫と相談する。

                      4人部屋のかたが廊下で立ち話をするといびきがすごくて一晩中眠れずにずーと寝不足で困ると疲れた顔をしておられた。

                      10月31日
                      同室のYさん今日退院。やっと見舞客ではち会う心配がなくなってホツ!次はどなたが見えるのかしら?と思いきや私の部屋替えを伝えられる。9条の会の方や新婦人の会員さんと同室。これもまた心配が増える。仕方がないのでナース責任者に頼んで看護師や介護士リハビリの先生などが部屋を尋ねることが済んだら名札にシールを張ることを許可していただく。

                      専ら琉球の城が焼けた話が食堂で飛び交う。テレビを見ない私はなかなか理解できないので部屋に戻るとテレビカードを入れた。ニュースで流れる火災を見ているとひとりでに涙がこぼれた。夕方夫が高岡に住む友人から電話でカンパするときは言ってくださいと電話をいただいたそうです。ありがたいです。



                      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 21:08 | - | - | - | - |