病院で偶然民商会員さんにであって
0
    今日はリハビリを終えて会計を済ませたところで、偶然にも民商会委員さんに出会う。
     この秋に3階の検査室に来ませんでしたか?夫婦で胃カメラ検査に行きました。健康診断をいつもこちらの病院で受けているので毎年行っているよ。
    実はその時入院していてね、お顔を拝見したので隠れちゃった。誰にも言わずに入院したのでとっさに隠れちゃった。何だあ〜その時入院していたの?仕事辞めた途端ガタ来たの?気が抜けたんですか?と意外な質問。私の足の悪さはあまり気にならなかったようでした。。痩せすぎだから、もっとたんぱく質取らないとだめよ。とアドバイス。
    今日も素敵なパッチワークを施したカバンと、羽織でこしらえたという素敵なベストを着ていました。色の組み合わせも良くて、いつも素敵なものをお召で感心しています。と申し上げるとこんなことばかりして家にいる仕事ばかりなので体を動かしに、夫と一緒にジム通っているの。結構いいよ。と勧められた。
     手作り上手な彼女にせっかくあったのだからと手元にある形見になったパッチワークの旅行かばんのとっての修理について教えて頂いた。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 12:31 | - | - | - | - |
    「私が総理大臣ならこうする」という本の紹介するFB記事に触れて
    0
      タイトルを見てちょっとくっすと笑った。同じように考える人がおられるんだと。
      なぜなら私も市議の間、時々そんなタイトルで記事を書きたい衝動に駆られた。私が総理なら、私が市長なら
      この国に何を一番に整備するか、どのような幸せを人々に届けたいか、鈴鹿市のグランドデザイン、日本という国の姿。頭のなかでの構想を夢見ながら思っていた。できれば遠慮せずその時に書いておけばよかったなあ。
      偉そうにといわれたくないと思っていたけれど、本当は政治にかかわるものはそれだけの夢を持っていることは必要な気がする。理想を語るという事だから。そこに突っ込まれることで自分は新たな気づきに出会うことになるのだし。
       私が望む社会のかたちを。
      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:23 | - | - | - | - |
      ちょっと失敗?
      0
        夕方ピンポーンとなったので出てみると若い男子が、○○新聞の拡張セールス。大学卒業したての23歳だという。以前読んでいたしんぶんですが、内容がつまらなくなったのでやめましたと申し上げて、断ったのですが、地元の出身でと以前住んでいた地域のお子さんだという事から、少し気の毒になって3か月の契約をしてしまいました。
        早速数十分後に夫から電話。契約したん?そうあなたの名前で書いときました。何やそれ!この前俺は断ったのに、です。可愛らしいこやったし、なんだか赤旗の3か月拡大のようやなあと思ってつい。今どこでも短期契約ってするんですね。契約書にサインをしたら6ヶ月ではダメでしょうかと再度延長をしてきたけれどそれはきちんと断ったよ。
        卒業したての子どもさんやし、新聞だし、悪いものではないし、雨のなかで少しかわいそうに思えてきたんよ。帰ったら話しようと思っていたのだけどと私。電話の向こうで夫は笑っていた。
        | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:04 | - | - | - | - |
        掃除を始めたら・・・まあ大変
        0
          2年ほど年末も足が痛かったこともあって、衣替えもせず、必要なものをつど取り出すような始末で、年末関係なく掃除もさぼっていたので、部屋の片付けも、衣替えもしながら掃除を始めたら
          本当に大変。誇りがたまって、ワックスがこびりついて、夫婦でフーフー言いながら頑張っていますが、なかなか進みません。カーテンを全部洗って枚数も半端ではない。
          気になりだすと止まらない。手を付けなければよかったと思ってしまったり。それでもきれいになると嬉しい。この繰り返し、股関節の脱臼を気にしながらの作業は思うように体が動かせないので少しくたびれます。
          まだしばらく続きそうです。明日はリハビリに出掛ける日なのでそんなに動けないし・・・年末子どもたちが帰るまでに終わるのでしょうか。
          | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 17:24 | - | - | - | - |
          「水道民営化で水はどうなる」のの講演を聞いてきました。
          0
            四日市の水道を考えるシンポジウムのチラシをいただいたので、講演の内容に引かれて久しぶりにがっつり勉強に行きました。
             実を言うと議員になってみず問題をずいぶん学ばせてもらった。きっかけは環境ホルモンのことが入口でしたが、長良川河口堰の水はいらないという運動の中で、地下水、伏流水、表流水について知る。そして地下水の生まれ方なども漠然と知ることができた。昨日のシンポジウムで流域で考えるという事の提案がありましたが、河川流域地下水の流域などで考えると必然的に水を生み出す仕組みに目を向けることになり、自然環境を守ることの大切さを知ることになるという事も、その時に学んだ。水道事業に携わる職員ならばほとんどがそのことを知っているでしょうから、民営化することの是非については本音で語ればきっとノーと言わざるを得ないのではないかと思う。
             議員最後の年には水道の経営戦略について意見を述べたことがある。党としても一般会計からの水道への財政投入の必要性などを訴えたが、私個人としてもそれは当然のことと考える。
             私は税を支払う仕組みがある以上本来行政サービスは無料であるべきとの考えを基本的持っている。日本という国は政治が正しく働けば、それだけの力を持っていると確信している。
            国民から預かった税金を憲法に沿って国民の命と安全を守り、幸せに暮らせるようにすることにまずは使うべきであると思う。だからこそ水道は命を維持するに一番大切な入口であり、ライフラインとしての認識を持ち水道事業の本管工事は基本的に国費の投入するべきだと思っています。赤字経営という考え方が基本はおかしいとさえ思う。そこで一つ考えなければならないことは、鈴鹿市でも運動を余儀なくされたように、あまり必要性の無い水の導水事業を莫大な投資でお行うような無駄な事業はさせてはならない。(水道事業だけではない、道路建設、防衛名目の軍事費他いろいろ)そのために議員は国民の信託を受けている。このような基本的なものの考え方にたっている私には、今私たちは税の使い方、集め方にもっと敏感になり、自治体が全国どこでも受益者負担という本来ありえない考えに陥っている事を止める必要があると思う。
             税金の集め方をもっと真剣に議論をして、無駄はないかを常に検証し、税を使う行政サービスは無料という事が大切ではないでしょうか?
             一人もおいてきぼりにしない。この言葉を本当に実現するには能力に応じた応分の税負担が必要と思う。
            | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 15:52 | - | - | - | - |
            会議の後で、お話をしていて悲しませてしまいました。
            0
              森川さんが指導をしているんでしょう?という問いかけを受けて返事に窮した。
              後で少しお話をしてみると、いくつかの事で森川さんはちゃんと指導しているのかなあとの声を伝えられた。
               仕方がないので実はねと少し実情をお話すると泣かれてしまいました。私の落選が決まった翌日、県庁で渡したかったと泣きながら花束を抱えてこられた女性だったので、その分も涙になったのかもしれません。
              | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 19:05 | - | - | - | - |
              るるるる_と夫からの電話、今日は月がきれいと。
              0
                昨日12月12日(木)
                 夕方 夫から電話。今日月がとってもきれいだよ。
                たったそれだけの電話。
                日頃、朝陽や月や夕焼け朝焼け、雲の素敵さなど空に繰り広げられる天体ショーに敏感に
                反応する私なので、昔から子どもたちも「お母さん、お母さん」と駆け込んできたり、
                県外に住んでいても、夕焼けがきれい、月や星がきれいなど鈴鹿でも見られるかなあと電話をくれていた。
                 最近は夫が出かけで見つけると、このように電話かメールをくれる。
                しかし昨日は位置が低かったようで我が家からは見られず、少し先の田んぼまでは出かけたけれどもっと先の鉄道高架で見られずでした。残念。
                | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:58 | - | - | - | - |
                まあどうしましょう!いただいていいのでしょうか?
                0
                  鈴鹿市に住むようになってはじめて母親大会へ参加したことがきっかけで、毎年全国大会へ私を送ってくださるために、電車代金を含めて一式をカンパし続けて10年ほど。親戚のいないわが息子たちに、毎年お年玉を届け続けてくださったHK先生。いくら感謝しても感謝が足りないご夫婦です。最近ご高齢で病気もかかえておいでです。私は仕事をやめてフリーになったこともあり、さらに足の傷みも解決したこともあって、先日お惣菜と青森のリンゴを2〜3個届けてきました。私が何かをして差し上げるとあまりにも気になさるので、ぜひお二人の老後の暮らしに役立つことならば何事でもお手伝いさせてください。と下手なはがきを添えてお届けした。
                   数日後の今日お電話をいただいて、ちょっとお米の精米に乗せて行ってくださらない?と。私に何かを頼んでくださったと喜んで飛んで行った。
                  するとどうでしょうお米の缶が2個用意して、一つは9月28日森川様とメモがはさまれていた。
                  この2缶の精米に行ってほしいと仰る。あらあ・・・私にお米を下さりたかったのだと悟った。2つとも車に積んでいると、一つはあなたにあげたくて9月に電話をしたら留守だという事だったので、今日になりました。と。やっぱりです。先生、うちは玄米食なので精米はいらないのですよと申し上げると、じゃご自分も今は間に合っているし、娘が来たら頼むので、今日は行ってくださらなくてもいいわよと、ご自分の分を車から降ろし始めた。行きますよと申し上げるけれど、そんなに急がないし、あなたのがいらないならばわざわざ出かける必要はないのよとkご辞退されるので、また先生の分を納屋に運んで差し上げた。こんなにもらうのは悪いので遠慮しますと申し上げても是非にと譲りません。子どもが小さいころも良く分けていただいた事を改めて思い出しました。いつまでたっても私が先生にして差し上げられることは無くて、いつも気にかけていただくばかりなのは変わらないのです。本当にこんなにいただいてばかりでいいのでしょうか?何もお礼することも機会もないままですが、時々はお顔を見てお元気なのを確認するために出掛けるようにしています。
                   お電話をして予約を取ると必ず何かを用意されるので、突然出かけて玄関先で遠慮するようにしています。
                  | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:45 | - | - | - | - |
                  お付き合いありがとうございました。入院中の出来事でした。
                  0
                    入院中は折り鶴を折り紙で連鶴にしてみると結構好評で
                    Hさんはいくつも折っていました。Nさんも入院中に何か一つ会得するとおっしゃって最後まで仕上げていました。
                    最高折り紙で16羽の連鶴になります。8羽と16羽です。
                    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 22:44 | - | - | - | - |
                    退院してもいいですよと。。。
                    0
                      11月15日金
                      やっとめどがついた。退院の許可が出ましたので都合のいい日を相談して連絡くださいと伝えられた。
                       夫の都合もあるので22日に決めた。
                      退院してもいいですよとOKが出た日に足が痛みだして、自主リハビリができず、一日中女子会に混ぜてもらっておしゃべりに花を咲かした。 
                      真っ直ぐ歩く練習をしようとすると初めはふらふら手摺りがないと危ない。少し慣れてきたのでさらに手摺りがある廊下で練習していたら変に筋肉痛です。結構まっすぐ歩くって難しいことなんですね。

                      11月17日
                      先日夫は父親を病院へ連れて行った帰りに頂いた野菜と、いつもお米をいただく方に分けてもらった野菜が、虫食いもあって自分ではどうにもならないので、数時間だけ外出して処理をしてほしいという。仕方がないのでリハビリが終わった後に少し外出許可をいただいて野菜の保存処理をした。ついでに病室の方に頂いた署名を関係者に送る用意をして夫に託した。

                      11月19日
                      昨日退院まじかだからと病院の階段を1−5階まで往復、朝と就寝前に行ったことも影響して、今日は体がだるい。自主リハビリもどこまでいいのかそれも模索中。歩けば歩けるのでついきが付いたら5F だったのが本当ですが。
                      無理のようなことを繰り返して足が痛みを覚え、ゆるくしたりしながらしばらく続けると和らいだり、限度を知るためには限度を超える経験もありかと時折、やりすぎることがある。
                      先日退院されたYさんから電話で退院前にもう一度会いたいので先日のIさんと明日出かけます。と連絡いただく。

                      退院後のリハビリについて主治医に伺うと私の場合は最低でも5か月は続けて通院したほうがいいと思う旨お返事をいただく。夫と相談して半年は通うことにした。

                      20日
                      Yさん、Iさんが見えるのでリハビリ午前中にお願いし、シャワーも早めに済ませてお待ちした。
                      今日は新しい折り紙をまた教えて頂いた。テーブルナプキンを蓮の花のように追ってテーブルを飾る。とても楽しい数時間でした。


                      21日

                      今日で終わりなので、みなさんに昨日の折り紙を教えていた。折り紙に夢中でリハビリの約束を忘れ、午後に回してもらった。先日教えて頂いた折り紙で作ったプチプレゼント箱に手作り栞をつけてみなさんにお渡しして入院生活を支えていただいたお礼を申し上げた。



                      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 19:02 | - | - | - | - |