「憲法より関心は北朝鮮」の記事に思う
0
    特に若い世代の比率が多いとのこと。アンケートは北朝鮮問題の解決策については記述されていないこともあり,選択の際の関心事のありようが気にかかります。 例えばトランプ政権に全面支持をする安倍総理の制裁ありきの考えを支持した選択なのか。それとも 世界の多くの国々が願っているように「戦争」への道につながらないよう対話を重視した平和外交を望んでだ選択するのか、若い人々の思いを知りたい。 そして知ってほしい。武力の対応は「戦争であること」、だから「戦争は絶対ダメ」、対話で平和的解決をと訴える 日本共産党をえらんでほしい。比例は日本共産党 日本共産党は「経済制裁を強めながらも、直接当事者の対話をするよう提案し、安倍総理が両国の話し合いを進める立場に立つべきだと提案している。 戦争につながる「武力衝突はどんなことがあってもさけなければならない、戦争は絶対ダメ」と提案する日本共産党の政策に私は支持をする。比例は日本共産党
    | 女性は太陽 | モブログ | 01:27 | - | - | - | - |
    命を大事にする政治を願って
    0
      私は日本共産党が大好き! なにが好きかって問われると「命を大事にする政党だから」沖縄生まれの私は沖縄県民の合言葉のような「ぬちどう宝(命こそ宝)に通ずるところ。 だって95年間平和を願って侵略戦争にも反対して、働く人々の生活を守ろうと劣悪な労働環境の改善を求め、t時の権力者や、支配層の弾圧に命を落としたり、人生の大半を牢獄に入れられながらも筋を曲げずに、未来社会のあるべき姿を平和で、豊かな社会で命を大切にする社会を求めて提案を示し、行動し続けてきたことを見ればその真剣さはビンビン響く。「平和を守る」って誰でもきれいごとは言えるけれど「言い続けて行動し続けることって、結構大変なんですもの。それを95年間先輩から後輩へと連綿とつなげてきていることの素晴らしさに、多くの国民が気付いてほしいと、いつも願っています。
      | 女性は太陽 | モブログ | 21:15 | - | - | - | - |
      えええええええ!!従業員1人825万円分増えた???
      0
        「新報道2001」テレビ討論で小池晃日本共産党の書記局長の話「大企業の内部留保が4年間で従業員1人825万円分増えた」は驚きしかない。  ひとり2万円賃上げしてもわずか24万円軽費が増えるだけ、825万円ため込んだならば痛くもかゆくもないはず。だって今年だってため込は増えていきますもの。貯めこむ分を少し減らして賃上げせよ。 この声を届けるためにも比例は日本共産党ですよね。  比例は日本共産党
        | 女性は太陽 | モブログ | 09:23 | - | - | - | - |
        女性は太陽261号
        0
          女性は太陽261号アップしました。 *市民へ負担増で基金積み増しは避けて *保育料算定階層区分の見直しを *多子軽減の多子カウント(年齢制限)の見直しを *各学校の樹木管理について *政治家の立ち位置が示された決算 *仕事を先送りした貯金は妥当か
          | 女性は太陽 | 女性は太陽 | 21:00 | - | - | - | - |
          歓迎会
          0
            夏に党に入られた方の歓迎会を開いた。ず〜と以前に決めてあったので、突然の選挙でどうしようか迷いましたが、途中で頑張ろうの決意を固めてもらうのもいいだろうと、延期せず開いた。今日は私が昼近くまで地域の「慰霊祭」出席のため支部のみなさんで準備にかかってくれていた。自宅へ戻るとみんなで料理を作りあって、その傍らで古参さんは電話かけ、もう一人もお友達を誘って事務所で電話かけをしてくれたそうです。  いつにな体調を崩された方が多く6人も欠席は残念でしたが、いい会議と歓迎会になったなあです。 支部長さんから先日の支部長会での伝達を行い、宣伝カーの運航日の炊き出しなど、支部のみなさんでできることを見つけて主体的に動いてほしい。次の日程などを決めて歓迎会に移行。  自宅でとれたサツマイモで美味しいきんとん。手作りのケーキを家族が持たせてくださったパパ党員。 歓迎かながら、支持拡大の話や、今度の選挙でアナウンスや街頭宣伝や電話かけデビューの感想なども出てきてさすが共産党員。選挙モードは持続していました。年配のみなさまの安否も確認できて、家族にはもっときちんというとか、グランドゴルフの仲間に声をかけるとか、まあまあみなさんやる気が伝わります。
            | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 20:20 | - | - | - | - |
            誕生日はあわただしく過ぎて
            0
              昨日は誕生日。 夫がせっかく花を買ってきてくれていましたが、まず向き合ってお礼を言う時間もなかった。 遅くに玄関に活けた。
              | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 20:01 | - | - | - | - |
              「武力衝突」は単なる喧嘩ではないことを想像してほしい。
              0
                私はこの頃よく使われる「武力衝突」という言葉に違和感持っています。  普通の喧嘩のような印象を与えることが、人々の感覚をマヒさせているのではないかと。 国と国との間で起こる武力衝突って、簡単にいうと「戦争」しかないのですから。武力衝突と言えばいかにも武器を持つもの同士の喧嘩のように意識を和らげてしまいますが、「戦争」と言えば誰しも犠牲になるのは民間人が多いことを想像できる。そして一度起こすと誰にも止められない。完全に決着がつくまで誰の手でも止められない。 北朝鮮が怖いからと軍隊で対応するということは「戦争になる」ということ。それだけはどうしても避けようと思えばやっぱりとことん話し合いで行くしかない。平和外交を何より求めてやまない日本共産党の政策に近づいてほしい。武力衝突は「戦争」という簡単なことを真剣に想像してほしい。
                | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 20:54 | - | - | - | - |
                95年間、筋を通してきたこの歴史を信頼していただきたいのです。
                0
                  日本共産党は今年95周年を迎えました。95年間戦争に反対し、国民の暮らしを優先する政治の基本を貫き通してきた政党です。戦争中も戦争反対を言い続け治安維持法で多くの先輩が命をなくしました。日本の中で政治の基本を平和と暮らしに於いて活動を続けて「95年ぶれることなく同じ政党名で歴史を刻んできた政党」はただ一つ、日本共産党だけです。私は多くのみなさんにお願いしたいです。95年間筋を通してきたこの歴史を信頼していただきたいのです。平和で、国民生活を大事にする政府を実現させたいです。日本共産党を伸ばしてください。
                  | 女性は太陽 | モブログ | 20:36 | - | - | - | - |
                  550枚限界
                  0
                    2年ほど前では一日500枚なんて日はざらでした。なんせ毎月で3000枚を超えて配っていましたから。それが今は500枚前後で足がおかしくなって終わりころには出会う方が一人残らず「足どうされたん?」と尋ねる。ある男性は「無茶ひどい状態やな」と心配される。ほんと自分でも情けない。手術をしたくないし、先生もまだ笑顔が出る間はいいとおっしゃるので頑張っているけれど、少し無理をすると足は正直に警告を発する。私の足があまりいうことを聞かなくなったので分量を半分に減らし配布する範囲を大きく狭め、普段は一日200枚から300枚と決めているのですが、議会月や今回のように選挙になると、期間が限られるのでどうしても一日の分量が増える。 情けない足だ。どうも使いすぎのようですが。自分は丈夫と思い込んでいたので本当に現状は悲しい。
                    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 22:53 | - | - | - | - |
                    95年間ぶれずに頑張っています。
                    0
                      雨の予想だったので朝起きて晴れていたのは嬉しくて、炊飯器にスイッチを入れて、チラシ配りに出掛けた 朝は散歩の方も多く出会った。向かいから見えた方に声をかけようと思っていたが、先方の方が早かった。昨日家へチラシ入れてくれたんやな、どれを見ても候補者の名前がなかったけれど、誰書けばいい?というので少し説明をする。 3ラウンド目、出かけた家の庭で二人の男性が庭木を剪定している。ご年配の方に教えを乞うているようなので、庭師さんが来てお手伝いをされているのかと声をかけると親子だと。お父さんの方は定年後通信で庭師の勉強をされたそうです。恐る恐るチラシを見せてお願いしますと申し上げると、ぶれないのはおたくだけやな。とおっしゃるのですかさず「はい95年ぶれずに頑張っています。値打ちもんですよね。お願いします。選挙区は候補者を降ろして無所属の方を応援しています」と言うと「わかった」と。家の中からお二人のお連れ合いさんもでてきて、ねぎらいの言葉と励ましをいただいた。
                      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 22:36 | - | - | - | - |