私は真実が知りたいを読みました。
0
     切ない!切ない!怒り、怒り 本を読みながら流れる涙を止めることはできないし、心の中には怒りが湧き上がるし、近くにいたら大変だったね、頑張ったねと娘のように抱きしめて上げたいと思いました。
    真面目に働いていいた若い有能な公務員が、なぜ命を落とさなければならなかったのか、目の前にある資料を見ると一目瞭然、素人にはそうしか見えません。
     やりたくない仕事でも国民のためになる仕事であれば、頑張って結果本人も納得できるでしょう。
    一国の総理嘘から始まる森友問題でいろいろな場面で嘘を平気でつく事のできる総理の立場を守るために大切な国民の宝である、国家公務員の命を。。。。。
    お連れあいの赤木雅子さんは「殺されたと思っている」とおっしゃる感情は私にもそう思えます。改竄という行為がなければその不幸は起きなかった。人一倍正義感が強かった赤木俊夫さんは、嫌だと言いながら従わなければならない立場にいた。誰しもが置かれる可能性のある状況であるからこそ、真実は明らかにして再発防止作を講じることが必要だと思います。
     相澤冬樹さんの温かい取材のあり方に心が暖かくなり、このようなジャーナリストもおられることが嬉しいです。
    必要な取材はとことん食い下がりながら、守るべきものはなにか、誰かをしっかりと見極めて取材対象者の心を解していく。本当に素敵ですね。この本は人のぬくもりを感じさせる素敵な本だと思いました。
    | 女性は太陽 | モブログ | 13:51 | - | - | - | - |
    あらまあ、そんな嘘もついちゃうの?
    0
       今日あるところで、安倍総理が病気で進退を決めたというのは嘘だと言う話を聞いて
      あらら、本気で心配して、だめだなあ私はとおもいました。人を信用しすぎる。腸の病気で排泄等の苦労は知っているだけに本気で心配しちゃった。
      検察法改悪問題の頃から
       安倍総理が随分追い詰められているとは思っていましたが、それを隠すための嘘?だった。コロナ感染症問題でマスク騒ぎに始まって愚策と無策の繰り返しですっかり人相が変わってしまうほど疲弊されている感じをうけていましたが、憲法さえも踏みにじる方だから、どんな無理も推し等すだろうと思っていましたので、やめるとおっしゃったときはそれだけ具合が悪くなっているのだと解釈した。そして大腸の病気は人には話せないほど排泄で苦労をすることを知っているだけに本当に心配しちゃった。
       第一次内閣のときと同じで仕事を放棄する口実に病気を装い、入院をしてみせたんですね。全くこれが本当ならばどこまで幼稚で、そして救いようのない不誠実な方だろうか。
      | 女性は太陽 | モブログ | 21:56 | - | - | - | - |
      9月6日の赤旗日刊の紙面から
      0
        9月6日の赤旗日刊紙でジャーナリストの斎藤貴男氏が武田砂鉄さんの「わかりやすさの罪」の書評を書いておられる。それを読むと本を買いたくなった。もともと武田さんの文章を見つけるととても共感したり、考えさせられたりと好きな方でしたが、今回は私が普段から好きでない部分があって気になっていた池上彰氏のことに触れられているようで、買わなければと思いました。「だよね〜」と共感しそうな書評でワクワクしています。
        | 女性は太陽 | モブログ | 19:33 | - | - | - | - |
        安倍首相の退陣表明。
        0
          安倍首相が辞任を決意された。よほど体調が悪いのでしょうね。しっかり養生され、ご快復されることをまずは願います。
          報道に触れて、民主国家には全くふさわしくない首相だったと思っていますが、仕事の評価とは全く別の問題として心から心配し、ご養生されお元気になられることを願います。
           報道された病気について詳しく知るにつけてとても同情してしまいました。 


          | 女性は太陽 | モブログ | 19:15 | - | - | - | - |
          いちじく
          0
            毎年鳥とアリに先きを越されるいちじく。今年は珍しく私達のもとへ。

            子どもが小さい頃に植えたいちじく、引っ越しでも一緒に。新たな庭でもわたしたちのデザートに。
            今は以前のように実はつけませんが、二人だけの暮らしに間に合っている。
            (見直したつもりなのに色々文字変換ミス後で見るとびっくりするような文字になっていて一応訂正しました。ごめんなさい。)
            | 女性は太陽 | モブログ | 23:17 | - | - | - | - |
            今頃朝顔
            0
              キュウリが消えていくと朝顔がツルをのばして、ゴーヤを追い込んできました。遅咲きだけに半は小さいですね。暑さはこんなところにも。
              | 女性は太陽 | モブログ | 23:13 | - | - | - | - |
              夜空の星に惹かれて
              0
                息子たちが置いって言ったグラスで星を見ていたら首が疲れました。土星が月に接近という記事に触発されて、これでも土星の輪みえるといいなあと、試してみました。月はとても明るく眩しいほど見えるけれど、土星の輪は見えそうにないです。ざんねん。でも散歩道の田んぼの畔は電気もなく暗いので少しは星空綺麗です。
                | 女性は太陽 | モブログ | 23:10 | - | - | - | - |
                ふるさとの思い出の引き出しから
                0
                  庭に花に紛れて咲いているニンブトウカー(念仏鉦と漢字は書くそうです)。こどものころ嫌というほどお浸しにして食べた。畑によく生える雑草。作物のじゃまにならないようにひいて捨てるけれど一部は食卓へ。
                  こちらに来て庭に生えているのを見たときは嬉しかった。初めて食卓へ上げると夫はけげんそう。草だろうという。
                  くさには違いないけれど食べられるよと私。
                   それでも最近はあまり見かけなかったけれど今朝ふと玄関横の花壇の隙間に生えているのを見つけ早速料理に。
                  手伝いに通っている団体事務所の女性たちに食してもらうと「おいしい」と。
                   ふる里で色々野草を食した経験をこうして出会うことも嬉しい。ちなみに「スベリヒユ」と正式な名前だとか。
                  ポーチェラカの近縁らしい。
                  見つけたらぜひお試しください。
                  | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 20:27 | - | - | - | - |
                  太陽の子というドラマを見て
                  0
                    なんと言っても三浦春馬さんの笑顔を見ると悲しくなってしまいました。特攻隊員の心の葛藤をうちに秘めながら
                    多くを語らず、死ぬことが怖いと吐露する場面や、覚悟を決めて出発する後ろ姿などホントうまいなあ・・
                    そしてときおり見せる笑顔はなんとも言えない素敵さ。まずは三浦春馬さんのご冥福をお祈りします。

                     戦時中に戦争が終わったあとについて語らせる作者に感激しました。何より驚いたことは日本でも原爆を開発しようとしていたこと。科学あるべき姿?役割について議論をするシーンなどはドキドキしました。うまく表現できないけれど 若いときは一所懸命すぎて議論しながら焦りを募らせる危なっかしさと同居するのはいつの時代も同じだなあと思いながら見ました。
                    | 女性は太陽 | モブログ | 18:50 | - | - | - | - |
                    なんだか申し訳なくて・・・
                    0
                      帰宅するときれいなていいねいな文字で手紙が。
                      読んでいて泣けてきました。昨日は遅かったので今朝お電話をすると「お父ちゃんがまっさきに森川さんへと言うのよ。本当に気持ちだから受け取ってくださいな}と電話での声。その声を聴きながらまた泣いてしまいました。
                       私のほうが子育て中言葉にできないほどお世話になってきたご夫婦なのに、恩返しをするときがないので、高齢になられて、あまりどこどこへと会食にもお出かけになれないお二人に、なかなか二人だけでは作らないだろうと思う献立のときに少しおすそ分け、ついでに旬のものを使ったおやつを作って届けてるという、私の勝手な押し付けなのに、こんなふうに思っていただいて、心苦しい限りです。ありがとうございます。また美味しいものなにか考えましょう
                      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 20:42 | - | - | - | - |