保育所の送迎の途中で
0
    今日息子のうちに来て以来初めて、日本共産党の宣伝カーにすれ違いました。保育所の送迎のの途中です。車の中から手を振りましたが気づかなかった様です。昨日から選挙公営掲示板が用意されました。いよいよ近ずきました。
    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 19:17 | - | - | - | - |
    私の1日
    0
      朝5〜6時起床。朝食の用意。赤ちゃんのオムツ替え🤱などお母さんが上の子にかかっていると手伝います。息子が上のこの面倒を見ているとお母さんが赤ちゃんに関われるので、私は洗い物や洗濯をたたんだりします。せんタック機が休みなく動いている。
      7時過ぎにカーシェア場所に出かけ車を取りに行きます。それからもう一度孫を迎えに自宅へ戻り、それからほんの5分ほどがお母さんから離れられない孫に恨まれながら車に乗せて保育所へ。園につくとよろこんではなれてくれるだいすきなせんせいがいてくださるひはらくですが、そこでまたひと泣き。お迎えに出かけるまでに帰宅後すぐ夕食が取れるように孫の食事を用意しておきます。3時45分ごろベビーカーにチャイルドシートと、保育所の汚れもの入れとお茶のマグカップや軽いおやつの袋を乗せて駐車場へ。園に着くと今度は先生から離れない。
      小さいながらもお母さんのところへ帰りましょうというと少し表情が和らぎます。泣いていても抱っこしてもんをでるころにはあきらめてじどうしゃにのってくれます。
      きたくご、しょくじをしているあいだのあかちゃんのみまもり。お母さんが側にいないと泣き出し食事が進まない。
      お父さんが帰ってくるとお風呂に入って寝かせてくれるが、遅い日はお母さんはその仕事がかなりたいへんです。赤ちゃんは私が受け持って、孫を寝かせてから一緒に食事をします。
      ざっとそんな生活、おおむね夜8時すぎないと大人は夕食にかかれない。無理をしないようにお互い時間を見つけて昼寝をするようにしています。義理の娘が買い置きしていたおいしいアイスを一緒にいただく休憩時間を作るなどしています。
      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 18:16 | - | - | - | - |
      おはようございます。
      0
        今朝は上の孫がぐずりだして3時ごろから泣いています。 4時半頃には赤ちゃんも泣き出すのでお父さんは起きてくれる様子もなくお母さんが1人で苦労しているので赤ちゃんを受け取りました。食欲旺盛の上の孫が食が細くなかなか普通に戻りません。ぐずりだしてお散歩に行きたいと言うのでお母さんと2人で散歩へ出かけ6時ごろ帰ってきてもう一度寝に行きました。今日は7時半には保育所に向けて出発しなければならないけれど起きれるのでしょうか。私もおかげで今日は4じはんおきと早起きです。
        1時間ほど寝たら起きたようで、お別れに泣いただけで、離れると泣きやみ。元気に登園しました。
        | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 06:19 | - | - | - | - |
        赤ちゃんの笑顔に癒されます。
        0

          今日は一日食事と、片付けて。オムツを替えるとタイミング悪くおしっこをかけられ敷カバーやタオルケットがわりのバスタオルまでオール入れ替えと洗濯。でやすむまもなくうごいているi、子供のいる家庭のお母さんの苦労が伺えます。そんな中でも赤ちゃんを抱っこしている時の微笑みに癒されます。
          義娘のおばさんの差し入れのうなぎは美味しかったです。
          | 女性は太陽 | モブログ | 18:37 | - | - | - | - |
          なぜ日本共産党員なのと聞かれたことがきっかけ!
          0
            以前女性は太陽と言うニュースに私が共産党を好きな理由を10回ほどに分けて書いているのがあります。その一つに人間を大切にするということを次のように書いています。
            かつて私たちの国は天皇主権の国で国民は天皇の赤子といわれ、戦争に国民が駆り出されても死ぬときには天皇万歳と言う言葉がもてはやされた時があったという。そういう時代にも戦争に反対し国民こそ主人公と訴え訴えた日本共産党の方たちは国賊とののしられ命さえ奪われました。
            私は母親として大切にはぐくみ慈しんで手塩にかけて育ててきた我が子を戦争になど絶対にやれません。どんなことがあっても生きて人生を全うしてほしいと心からになっていますそんな私の目には日本共産党の訴えは大変値打ちのあるものとしてあるものとして見えるのです。
            20年くらい前の記事だとおもいますが、私は沖縄で生まれ育った関係もあって当時も、それ以前も、今も戦争に反対の想いは変わらない。そして大切な我が子をせんそうのぎせいしゃにもかがいしゃにもぜったいさせたくない。人の命を大切にして、ヌチどう宝の沖縄の格言が本当に世界の共通認識になってほしいと思います。
            | 女性は太陽 | モブログ | 12:59 | - | - | - | - |
            美味しいみかんデコポン
            0

              おはようございます。
              孫誕生に福島からお見えになったご両親が、持ってきてくださった、デコポン。
              びっくりするほど美味しいミカンでした。みんなでこんな美味しいみかん食べたことないねえと言いながらいただきました。入院中は病院食以外はあまり摂取しない方が良いとの病院側の意見だったという事で、退院して自宅でいただくことになって、ひと口食べて美味しい!と声が出るほどでした。蒲郡のデコポンでした。
              | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 09:38 | - | - | - | - |
              鈴鹿市の朝は日の出が素敵で好きです
              0
                鈴鹿を離れて出会うことがないのですが、早朝配達で見るあさのけしきはすきです。
                | 女性は太陽 | 歩いてみたまちの景色いろいろ | 19:42 | - | - | - | - |
                平和行進に参加できなくて!
                0

                  私の原点の一つは平和な社会。その活動の一つが広島、長崎に落とされた原子爆弾を地球上から無くしたいと始まった核廃絶のための署名活動や写真展当番、行進行動、鈴鹿市に住むようになって行進行動に関わらなかったことは一度もないと言える活動ですが(接待だけだったり、挨拶だけ、お迎えだけもいれて)今年は13、14日に鈴鹿市を通過するこうどうにさんかできなかったことがすこし心残り、担当職員にはいつも丁寧な対応をしていただいていたが、今年は姿を見せない私を気遣ってくれる職員さんがいたと聞いて涙が出ました。
                  ご高齢になった被爆者のみなさんの思いが世界に届いて1日でも早く、命あるものすべてと共存できない核兵器や原子力発電事業も含めて地球上からなくなることを願いました。小さい新しい命を目の前にして、かわいい💕かわいいと目を細めて接するおかあさんのかおがくもらないしゃかいを願わずにはいられない。

                  | 女性は太陽 | モブログ | 17:23 | - | - | - | - |
                  生活相談。
                  0
                    夫から連絡があって生活相談が舞い込んできました。ご本人と連絡を取らせていただいて鈴鹿に戻るまで待っていただけるとのことで、帰り次第相談に乗ることにした。本来なら1日でも早い解決がいいのですが、私をとの願いなのでご本人の待ちます。に甘えさせていただくことにしました。
                    | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 16:43 | - | - | - | - |
                    今日は雨☔
                    0
                      保育所の送り迎えがなく、手のかかる孫は息子が連れて出かけたので赤ちゃんとお母さんの3人でのんびりしています。美味しいアイスをおやつにいただいて、持ってきた女性のひろばの記事を読みながら子育ての中で大事にしてきた子どもの睡眠のことが載っていたので、ふんふんとうなづきながら読ませていただいた。とくに日本の子供の睡眠の低さを驚きの目で見ています。我が家は8時就寝を心がけてきましたが、いま、息子たちが同じように子供の睡眠を大切にしていることを見て嬉しく思っています。幼児期は午後8時までの就寝、小 学生になると午後9時です。
                      | 女性は太陽 | 暮らしの中で | 16:29 | - | - | - | - |